昔の子よりも格好よくサラッとしたイメージはドラマだけの話?

テレビ等では加齢による体臭の話を頻繁に聞きますが、高校生の匂いも気に掛かります。
特に電車の中で、家に帰る時です。

体育もあったでしょうし、クーラーも学校施設だと弱いとは思います。
1日頑張ったのだからしかたない事なのでしょうが、やはりキツいです。
ことに10代の男子たちのスポーツでかいた汗。

高校生だと仲間同士で下校したりして、4、5人は固まっていて、どの人から臭いがするのか、もしくはみんなニオイを発しているのか、本当に強烈な「脇下」、「アセ」、「足」の匂いがごちゃ混ぜになったものです。

また部活動の内容によっては練習着やスポーツアイテム等からもひどい臭いがすることも・・・。
健康的な若い男の子は遠目に眺める分には、可愛いですが近い距離にいると害を被ります。
夏休みなどで乗り物に男子学生が見当たらない時はストレスがありません。

男子高校生って体臭ケアする事を知らないのでしょうか?
現代の若い男の子は、昔の子よりも格好よくサラッとしたイメージはドラマだけの話なんだろうか。
そんな子たちが車内にいる場合は、「ハンカチ」をあてて凌いでいます。

外ですれ違うくらいなら気にならない体臭なのですが、バスや電車に乗って隣りに座ってきた人から放たれる臭いは鼻についてしまいます。
近くでにおうニオイは尋常ではなく、逃げ出すことはできません。
目的地に到着するのを、ただひたすら願います。

降りもしないのに、その場を離れて去るのは、何気にその人に失礼なのでは…という変な気遣いの心がニオイから逃れるのを妨げるのです。

わきの下のツンと鼻をつくような臭いは、どうしてこんなに強烈なのでしょう。
こんなに強烈なのに、なぜ本人には臭さがわからないのでしょう。
きっと、じぶんだけでなく大方の人がこの匂いに気が付いていると思います。

そして、この人の家族や友だちはどうして忠告してあげないのかといつも疑問に思います。
そんなじぶんもオジサンと言われる今、たまに自分のわきの匂いが臭う時があります。

同じ服を洗濯せずに着る時は、まずはわきの下の部分の匂いチェックをします。
それでわきの下部分がクサくないなら、オーケーかなと。
体臭で被害が及ぶのは当の本人ではなく周囲の人なので、常にしっかり自分の服のにおいを嗅いでから着用しています。

出掛けた先でプーンと独特の臭いがしてくると思ったら前に歩く人からのワキガだったのです。
ワキガがする人は自分が腋臭持ちだということを気付いているのかいないのか分からないですが腋臭の人というのは案外つらい人生を歩んでいる人が大勢いるんじゃないかなと思いました。

デオドラントでカバーしても時間の経過とともに匂ってしまいわきがのない人たちより臭ってしまって相当しんどいんじゃないかなと思ったのです。
自分もワキガ持ちなのですけど私と同じ感じのニオイがする人もいれば、私とは全く違う匂いの人もいますし、とにかく鼻に付く臭いがするので、周囲の人の中で気づく人は多いのではないでしょうか。

デオドラントや洗濯用柔軟剤が沢山出る中でなにをやっても全然効果がないのはわきがの特徴だと思います。
匂いがなくなることなんて事はレアなケースで、まず間違いなく制汗剤や洗濯柔軟剤の香りと独特のわきがの臭いが混じるので、ワキの汗臭をなくそうとすることはすごく難しいです。

いつも通り風呂で綺麗に洗っていれば十分ではないでしょうか。
臭ったら何か言ってくる人って居るとは思うのですが相手にしないほうがいいのではないでしょうか。