汗っかきなので夏は1日に何度も着替えることがある

わたし自身の体質なのか幼少期から多汗症で夏だけではなく、冬でも温かい室内などではニオイや汗のシミが気になってきます。
夏場に白色のシャツを着る場合にはその下にノースリーブを着ないとダメですし、一日に何度か着替える事があります。
汗をかいた状態でエアコンが効いている部屋に入った場合着ている服が濡れているので、体を冷やしてしまい体調が崩れてしまう事がたまにあります。

また汗でメイク崩れは起こすし、下地なども落ちるので肌の状態も汗をかく時期はベストではないです。
それと汗が出ると乾燥すればしみになって黄ばんだり、他にも臭ってしまったり事と次第によっては塩のような結晶が残ってしまったりするので昼間に外出する際には着替えを携帯すると荷物が増えることになるし、着替えられる場所を見つけることも一苦労です。

スプレータイプの制汗剤やローションも使ってみましたが、あまり効果がないように思いますし、でも手術を受けるとなると費用も掛かってくるし悩んでしまいます。
また年を重ねたからなのか臭いがよりきつくなった気がするのでミドル臭に効き目がある柿渋セッケンを使っているのですけどどれくらい効いてくれているのかな?といった程度なのです。

高校生だったころに、気の合うお友だちと高校卒業後はどんな職業に就きたいか話をしてた時にあたしはそんな具体的な将来の目標なんて持っていませんでしたが、そのお友だちは美容師になると言う夢があり、美容師になったら多くの人を美しく変身させたいなんて言っていました。
凄く器用な子で、朝から私のボサボサの髪を綺麗に結ってくれたりして上手だななんて思っていたのです。

けれどもそのお友だちが困っている事は手や足にも汗をかく「多汗症」という病いで、体育館での体育の際にも裸足の時とか足跡がついてしまうくらいに濡れています。
手の平は常に濡れている為、手を握る時とか髪の毛を結んでくれる際も「不快な感じはしていない?」などと、言っていたのです。

私にとってはお友だちなので何ともなかったのですが、仲良しでない人の場合は手を握るときなど、少しは嫌な気持ちがするのかもと思っていました。
ですが、夢は美容師になる事。
大変困っていたのです。
悩みを聞いても、まだ高校生で多汗症という言葉さえ知らないし詳しくない私では何もできる事はなく…。

しかしお友達は夏休みの間に入院をして多汗症を治す手術を受けたと夏休みが終わった時に嬉しそうに話してました。
掌もサラサラとしていて、そんな病気や手術がある事を初めて聞いたのです。

今では夢を叶え、都心部で評判のビューティーサロンの店長になり雑誌で紹介されていました。
それを見るたびに喜ばしく思っているのです。
自慢の友人です。

私自身汗をかくとまわりにどう思われているのかが気になります。
本人もベタっとするのでイヤですし「どんな理由で運動なんてしていないのに発汗するのかな」と思うのです。
仕事などでもいっぱい汗が出るので手ぬぐいと替えの服は必要不可欠なのです。

直接的に言われた訳じゃないけど、誰かにクサイと思われていると決めてかかっている自分がいるのです。
聞いた事すべてをマイナスに考えているとも思うのです。
汗が出るのは一般的なことですし特別な事ではないのに、それを批判する人も居るので、そしたら自分の感情の処理をどうするかが重大になってくるなと思いました。

言いたい人には言わせておけば良いという風に考えるのって難しいなと思っています。
周りに不快感を与えたくないと思うのは普通だと思いますが汗っかきな事を気にして友人の気をもませては駄目だし自分自身も辛いのでやめようと思いました。
気配りは大切だと思うのですが自分を追い込んでまで気にしなくても良いなと思いました。
人を責める人ってどういった内容でも責めると思うので、汗がにおう事以外でもすべての事に苦情を言いたい人なのだと思っています。

自分自身は、普通の多汗症では無いです。
驚くくらいの多汗症なのです。
夏場は、当然汗をかきます。

寒い冬でも暖房が効きすぎているような所だと、発汗します。
厚着してすこしでも歩くと、即座に発汗します。

これまで書いた事はよくいる汗っかきならありがちなことなのですが、それに加えて自分は、柑橘類や香辛料を口にした場合汗をかいてしまうのです。
周りがビックリしたのは、寒い冬にレモンを食べた時。
オデコから汗が噴き出したのです。

その時に、友人に「汗出てるよ。何かしたの?」と唖然とされて、柑橘系の果物や香辛料を食べた場合汗が出てくると説明しました。

これはちいさい時からの事なので、これといって変な事だと思っていませんでしたが、高校生になった頃に、わたしって、強烈な多汗症なのかもしれないと思いました。
病にかかっているということじゃなく、体質なようで、以降も多汗症とは共に生きていかなくてはいけないのかと感じているのです。
これのせいで、出来る限り汗をかく食べ物は避けるように心がけています。

汗の苦悩というものは、その方のコンプレックスにつながるので悲惨な一面があります。
ヘアスタイルの悩みとか、着る物の悩みなら、簡単に解決できます。
そこそこの美的感覚の優れた美容師さんにお願いすれば、簡単に片づけられる事があります。

ですが、汗での困り事って根が深い一面があります。
その訳は、その人の体が関係してくるという面があるからです。
それと煩わしいのが、汗の悩み事って、自分ではなかなか分かりません。

だから、当人は汗臭いニオイはしないと思って過ごしていても、周りの人たちを不愉快にしているという悲しい事態が発生する事も考えられます。
汗の悩みってそういう点が深刻なので、なかなか解決策が見つかりません。
デオドラント剤を使用しても、その人の体質に合っていなければ、汗臭と混ざり合って逆にクサくなってしまうのです。
ですから、汗の悩みに関してはできるだけ友だちなどに早めに打ち明けた方がいいのではないでしょうか。

初回限定のお試しキャンペーンをチェック⇒AHCセンシティブ お試し