健康のための3か条

健康のために気を付けていることは、大きく3つのことです。

1つ目は、自分の体調や健康について意識をおくこと。

自分の体調のいい時は、どんな状態かを把握しておくことです。
言い換えれば、悪くなり始めた状態がどのようなものかを把握しておき、休養するとか、場合によっては、医者にかかるとかして悪くなる前に改善することです。
自分の体調を意識しておくことで、健康か否かに気を付ける。

2つ目は、定期健康診断をうけること。

自分では、わからないことでも定期的、最低でも年1回は、健康診断をうけることで、早期に病気を発見できることもある。万が一、発見が遅れても処置の遅れはあっても何らかの対応ができる。
外見だけではわからないものもあります。

3つ目は、できるだけ歩くこと。

毎日、少しでも歩くこと、足腰が丈夫でないと健康にはなれない。
運動をすればもっといいとは思うが、長続きしないのであれば、毎日少しづつでも続けられる「歩く」ことを続ける。
歩くことで、気分もかわり、精神的にも安定する。