自分では選ばないものをプレゼント

贈り物をする時、その人にぴったりな物もいいけれど、意外なものを上げるのも楽しいですよね。
自分では選ばないだろうけれど、客観的にその人に似あって、使って欲しいものをあげるようにしています。
もしうまくハマってくれたら、小さな贈り物でも人生が豊かになるんじゃないかと思って。

過去の経験で言うと、仕事で疲れがちでヘビースモーカーの父へ、男性でも抵抗のないサンダルウッドやヒノキの香りをプレゼント。
以降、父が時折自分でもアロマをたくようになり、リラックスしながらお部屋もクリーンな香りに。

母がもともとアロマ好きで、家じゅういつもいい香りで満たされていたから、父もすっと入っていけたのかも(笑)

実は、私がアロマの資格をとったのも母の影響。
香りをかぐ、たったそれだけで気分が変わる。
その変化が面白くて、好きなんです。

なので、今年の母の誕生日は絶対自分では買わないだろうと思うコンブチャ(KOMBUCHA)をプレゼントしようかと思っています。
以前、めざましテレビを見ながら「コンブチャって高いよね~」って言っていたので。
ダイエットというよりは健康とか美容の為ですけどね。
コンブチャ 通販

私は美容について、気遣っている事は2個あります。
自分はドライスキンなので一番頑張っているのはやっぱり乾燥肌の対応策です。
ですので美容は乾燥肌の対策なのです。

1つ目は『誤ったスキンケアをしない事』です。

はじめに、石鹸でしっかりと皮脂やメイクの汚れを取る事に気を使っています。
しっかり落としますが、肌に必要な皮脂まで落としてしまうと乾燥するきっかけになってしまうので、適度に洗う事にも気配りをしています。
この時ぬるま湯を使って洗い流します。
そして第一に顔を洗った後はすぐにお手入れをします。

2つ目は『いつの間にかしている乾燥』です。

例を言うと、空調の温風は知らず知らずのうちにカラダの中の水分を奪います。
その為、スプレータイプのローションをつけたり、こまめにお水を飲んだりと、からだの内部から水分を摂取するようにしているのです。
それからお風呂の時も熱すぎない38~40度のお湯で、長時間浸からないようにしています。
洗う時も強くこすると、お肌が傷ついてしまい乾燥してしまう原因になるので、掌で洗います。

こんな感じで毎日の暮らしでの乾燥肌に対して対処しています。
普段のほんのちょっとの事に気を配るだけで、乾燥肌ってだいぶ対策することができるのではないでしょうか。

健康について気遣っていることは胃腸に負担をかけないように食べ過ぎを控えていることです。
カロリーの摂りすぎにもなってしまうため、避けるようにしています。

沢山の栄養素を万遍なく取り入れる事は重要ですが、量が多くなってしまうと消化に時間が必要なので、肌が荒れや浮腫みの原因にも繋がってしまうので、もしも栄養のバランスが気になる時は、少しずつ、多くの種類を食べるよう、量を調整するようにしています。

自然食品をつかった物は、お野菜の場合は皮も食べられるので上手く料理に取り入れて、栄養価もたかくなるので、少しの量で満足感のある献立に出来ます。
鮮度が高くみずみずしい野菜自身の美味さも堪能できるので、切って盛るだけのサラダにしたり、素揚げしてダシに漬けたりと、素材そのものを楽しむ事ができるメニューになります。
自然食材は近くのスーパーでも売っていますが、そういった食材を使ったカフェで食べたり、テイクアウトしたり、出来る範囲で取り入れるようにしています。