自分では選ばないものをプレゼント

贈り物をする時、その人にぴったりな物もいいけれど、意外なものを上げるのも楽しいですよね。
自分では選ばないだろうけれど、客観的にその人に似あって、使って欲しいものをあげるようにしています。
もしうまくハマってくれたら、小さな贈り物でも人生が豊かになるんじゃないかと思って。

過去の経験で言うと、仕事で疲れがちでヘビースモーカーの父へ、男性でも抵抗のないサンダルウッドやヒノキの香りをプレゼント。
以降、父が時折自分でもアロマをたくようになり、リラックスしながらお部屋もクリーンな香りに。

母がもともとアロマ好きで、家じゅういつもいい香りで満たされていたから、父もすっと入っていけたのかも(笑)

実は、私がアロマの資格をとったのも母の影響。
香りをかぐ、たったそれだけで気分が変わる。
その変化が面白くて、好きなんです。

なので、今年の母の誕生日は絶対自分では買わないだろうと思うコンブチャ(KOMBUCHA)をプレゼントしようかと思っています。
以前、めざましテレビを見ながら「コンブチャって高いよね~」って言っていたので。
ダイエットというよりは健康とか美容の為ですけどね。
コンブチャ 通販

私は美容について、気遣っている事は2個あります。
自分はドライスキンなので一番頑張っているのはやっぱり乾燥肌の対応策です。
ですので美容は乾燥肌の対策なのです。

1つ目は『誤ったスキンケアをしない事』です。

はじめに、石鹸でしっかりと皮脂やメイクの汚れを取る事に気を使っています。
しっかり落としますが、肌に必要な皮脂まで落としてしまうと乾燥するきっかけになってしまうので、適度に洗う事にも気配りをしています。
この時ぬるま湯を使って洗い流します。
そして第一に顔を洗った後はすぐにお手入れをします。

2つ目は『いつの間にかしている乾燥』です。

例を言うと、空調の温風は知らず知らずのうちにカラダの中の水分を奪います。
その為、スプレータイプのローションをつけたり、こまめにお水を飲んだりと、からだの内部から水分を摂取するようにしているのです。
それからお風呂の時も熱すぎない38~40度のお湯で、長時間浸からないようにしています。
洗う時も強くこすると、お肌が傷ついてしまい乾燥してしまう原因になるので、掌で洗います。

こんな感じで毎日の暮らしでの乾燥肌に対して対処しています。
普段のほんのちょっとの事に気を配るだけで、乾燥肌ってだいぶ対策することができるのではないでしょうか。

健康について気遣っていることは胃腸に負担をかけないように食べ過ぎを控えていることです。
カロリーの摂りすぎにもなってしまうため、避けるようにしています。

沢山の栄養素を万遍なく取り入れる事は重要ですが、量が多くなってしまうと消化に時間が必要なので、肌が荒れや浮腫みの原因にも繋がってしまうので、もしも栄養のバランスが気になる時は、少しずつ、多くの種類を食べるよう、量を調整するようにしています。

自然食品をつかった物は、お野菜の場合は皮も食べられるので上手く料理に取り入れて、栄養価もたかくなるので、少しの量で満足感のある献立に出来ます。
鮮度が高くみずみずしい野菜自身の美味さも堪能できるので、切って盛るだけのサラダにしたり、素揚げしてダシに漬けたりと、素材そのものを楽しむ事ができるメニューになります。
自然食材は近くのスーパーでも売っていますが、そういった食材を使ったカフェで食べたり、テイクアウトしたり、出来る範囲で取り入れるようにしています。

素材の味を楽しみながら野菜を食べる子供たち

わたし自身にも、子供の頃に嫌いな野菜があり、それはピーマンであり、ニンジンであり、カボチャでありました。それでも大人になるまでには、どのようにしてかは分かりませんが、好き嫌いなく野菜を食べられるようになりました。

今、自分の子供が6歳と4歳なのですが、それぞれに嫌いな野菜があります。上の子はサトイモにカボチャ、下の子はカボチャは大好きで、ピーマンくらいが野菜では嫌いなものとなっています。
そんな子供たちを見ていて、凄いなと思うことは、夫が生野菜やサラダに何もかけないで食べるのをみてか、何もかけずに好きな野菜を食べていることです。私は絶対に、マヨネーズやドレッシングが無いと食べられません。生の野菜スティックの大根やキュウリを何もつけずにガリボリ食べている姿は、「私のほうが、野菜嫌いなのでは?」とさえ思ってしまいます。

子供の味覚は繊細でありながらも、未発達なので、野菜そのものの味をしっかり覚えていくことは重要だと思います。そして私の願いとしては、大人になっても「あれが嫌い、これが嫌い」などと言わずに、何でも食べてくれる人になってくれれば良いと思っています。

自動車教習所の車と同じ車種のプラモデル

兄とつまらない喧嘩をして、自慢の模型のコレクションが全て潰えてから幾星霜かが過ぎた。その間、全くプラモデルを作らなかったが、ある時必要に迫られて決心が揺らぐことになった。

運転免許の取得である。機械に疎かった私はその弱点を補うために自動車教習所の車と同じ車種のプラモデルを作ることにした。エンジン付きの物は相当に値が張るので、倹約家の私は必要最小限の物とした。要するに一番安くて組み立てが簡単なものを選んだわけである。

車の運転の事を頭に入れながら組み立てる作業は楽しかった。車体は白がメインだから、幸いなことに着色する手間も省ける。あっという間に模型は完成した。貰っていた構内図の上をなぞらせて走らせる。紙の上は滑るので浮き上げた状態でサーキットのように動かす。

免許は取得できたが、次にしたのは戦記に出てきた戦艦(「大和」ではない)を実感するためにウォーターラインを買った。さらにドイツ軍の小型戦車も…。

災害でこれらも失われてしまったが、私の心中には現在も存在し続けている。

がんの予防や美容に効く点滴

最近身体のあちこちが痛い……歳かなあやっぱり。
もうすぐ50だもんな。
嫁はなんかエイジングケアとやらでサプリを飲んだり点滴とか受けに行ってるみたいだけど、いまさら美肌なんかに凝ったってしょうがないだろ。

俺もタバコと酒控えないとなあ……肝臓とか悪くなりたくないし。
なんか職場の上司で肝炎で顔真っ黒な人いるし。
昔はどれだけ食べても飲んでも問題なかったんだけど。嫁もあの頃は若かった……

それで今日嫁に聞いてみた。

「最近あれだな、ちょっとこう、何ていうか綺麗だねえ」

ああ、気持ち悪い。

「え、そんなことないよ」

嘘つけ。顔めっちゃ喜んでるやん。

「それってあれか、たまに飲んでるサプリの効果?」
「ん~、それもあるかもしれないけど、点滴も効果があるかも」

正直違いはよくわからない。

「あなたぐらいの年齢の人もよく来てるわよ」

え?

エイジングケアって女性のする事じゃないの?

嫁いわく高濃度ビタミンC治療という点滴療法があるらしい。
がんの予防や美容に効くとかで結構男性も来ているようなのだ。
さらに血液をサラサラにすることで肝炎や肩こりなど幅広い効果がある
オゾン療法というのもあるらしい。

ほほう。
タバコ代値上がりしたことだし、この際禁煙して一度受けに行ってみるのもいいかなあ。
参考:ヒアルロン美潤

いつもは肌が乾燥しにくい人でも寒い季節になるとカサカサになってしまうこともあるので、顔を洗った後やおふろに入った後は化粧水をつけたり、乳液を合わせてつけると良いでしょう。
寒い季節になるとお肌トラブルが多くなるので、スキンケアを怠らないようにしましょう。

きちんと保湿しておくことと血をよく行きわたらせることが冬の肌の手入れの秘訣です。

スキンケアにおいてアンチエイジングに効果があるとうたっている化粧品を使うと、しわ・シミ・たるみといった肌の老化現象をゆっくりにすることができます。
でも、アンチエイジング化粧品をどれだけ使用していても、乱れた生活を続けていれば、肌の老化に追いつけず効き目を感じることは難しいでしょう。
体内からスキンケアをすることも大切なのです。

乾燥肌の時、スキンケアが非常に重要になります。
間違った肌の手入れは症状を悪くさせるので正確な方法を理解しておきましょう。

まず、洗いすぎはタブーです。
皮脂が気がかりになるからといって同じ日に何度も何度も顔を洗ってしまうと肌がかさかさしてしまいます。

逆に皮脂の分泌物の量が増えてしまうので、朝夜2回で十分です。
寒い季節になると冷えて血がうまくめぐらなくなります。

血のめぐりが悪くなると肌の細胞に満足な栄養を届けることができず、新陳代謝が不安定になります。
そして、肌トラブルを起こしてしまうので、血行促進を心がけることが大事です。

血のめぐりが改善されれば、新陳代謝が促進され、綺麗な肌をつくるようになります。

肌荒れが生じた場合には、セラミドを取ってください。
セラミドとは角質層の細胞に挟まれて水分や油分と共にある「細胞間脂質」のことです。

角質は角質細胞が複数層重なっていて、細胞と細胞とを糊のように繋いでいるわけです。
表皮の健康を保持するバリアのような働きもするため、必要量を下回ると肌荒れするのです。

カサカサ肌の人は、お肌に優しい洗顔料をチョイスしてちゃんと泡立てて、お肌がこすれ過ぎないようにしてください。
力を加えて洗うと肌にとって悪いので、ポイントとしては優しく洗うことです。

また、洗顔した後は必ず保湿をしましょう。
化粧水に限らず、乳液、美容液、クリームなども場合に応じて用いるようにしてください。

「きれいな肌のためには、タバコは厳禁!」なんてことをよく聞きますが、それは美白に関しても、同じなのです。

あなたが本当に肌を白くしたいなら、できるだけ早くタバコは止めるべきです。
その理由として第一に挙げられているのが、タバコがビタミンCを破壊してしまうことです。
タバコを吸っていると、美白にとって重要なビタミンCが破壊されることになります。

もしあなたがプラセンタの効き目を高めたいのなら、摂取するタイミングも重要な要素です。
ベストなのは、胃に空腹感を感じるような時です。

一方で満腹の時は吸収が悪く、仮に摂取しても十分な効果が期待できない場合もあります。
後、就眠の前に摂るのもよいかと考えられます。

人の身体は睡眠中に修復・再生が行われるので、睡眠前に摂ることが効果的な方法なのです。

お肌をきれいに保つのにオリーブオイルでケアする方も少なくありません。
オリーブオイルを洗顔剤の代わりにしたり、顔を覆うようにつけてしばらく置いたり、小鼻に残ってしまった皮脂の黒ずみを取り除いたりと、利用の仕方はそれぞれあるようですね。

とは言っても、質の良いオリーブオイルを塗らなければ、皮膚に何らかの影響が出ることもあります。
同様に、自分には適合しないなと思った場合も即、使用をとりやめるようにしてください。

スキンケアを目的としてエステを利用するとき、普段自分では使えないような機器などで自分ではなかなかうまくとれない毛穴の汚れをキレイにしてしっとり・すべすべにしてくれます。
お肌が若い頃に蘇ったみたいだと言っています。

お笑いはTVだけではありません

私は彼是12年程、お笑いライブに行くのが趣味です。
お笑い芸人が好きという人は多いと思います。でも毎日テレビで見るうちに「もう同じネタ・キャラばかりで飽きた」なんて声もよく聞きます。そんな声を聞く度に、「ライブに行ってみればいいのになあ」と思います。

一度お笑いを置いておいて、音楽ライブで例えます。音楽ライブだと、CDで何度も聴いた曲を生で聴くと、知っている曲でも(むしろ知っている曲こそ)楽しくて興奮しますよね。お笑いライブでも同じように、「飽きた」と思っていたはずのネタを見ても、生だと感覚がまた変わって、数倍面白く感じることができるのです。

さらに、単独ライブとなると別ですが、大抵お笑い芸人は何組もが続けてネタをやるライブが多く、コーナーやMCもあるため、トークや企画でも楽しむことができます。
ライブに行って、そのとき見ていた芸人さんが面白くて気になったらその芸人さんを見るためにライブに行って……と次々と好きな芸人さんを見つけることができます。

そうやってTVではなかなか見られないような人たちでも面白い人たちが多くいることを知り、応援しようという気持ちが高まっていくのです。少し青田買いのような楽しみもあるかと思います。
とにかく、笑う門には福来たるとも言いますので、なんだかつまらないなあと感じたときには、お笑いライブに行ってみることをおすすめします。

白髪が多いのにも関わらず薄毛

白髪になる人は禿げない。
ずっとそう聞いていたのですが、あまりあてにならない迷信だと思います。

私は、白髪が多いのにも関わらず薄毛です。
決して髪の毛が細く弱いわけではありません。
クセっ毛でかなり固い方です。

髪の毛を長くしていた頃は、寝グセがどうしても直らずシャンプーをしなければならなかった程です。
そんな頑固で丈夫な髪の毛なのに、最近薄くなってきてしまいました。
普段はどうにか髪型で誤魔化しているのですが、シャンプーの後なんかは見られたものではありません。

髪が弱くなったのではなく、毛根に根性がなくなったといった感じです。
成長する前に抜けてしまう髪の毛が多いのです。

朝起きた時、枕についている抜け毛の数に絶望的な気持ちになってしまいます。
お風呂の排水溝もよく詰まってしまいます。これも抜け毛が多いのが原因のようです。

また、頭皮の悩みになってしまうかもしれませんがフケもやたら多いです。
そのせいで、色の濃い服は着れません。落ちたフケが目立ってしまうので。
【参考】薬用ハリモア

2年前に娘を出産しました。1才で卒乳するまでに、夜中の授乳、慣れない育児と大変でした。
寝ているだけなのに息していないでは?とか、少し鼻水や咳が続くと小児科へと毎日、手探りでした。
1才を過ぎてからは神経をすり減らして育児をする事は無くなりましたが、出産後からの抜け毛は止まりません。

シャンプーするたびに抜け、髪を結ぼうとすれば抜け、ドライヤーをかければさらに抜け、お風呂の排水溝に溜まった髪の塊を見るたびにショックを受けました。ただ、抜けるだけではなくなぜか髪に腰がなく、すぐに痛み、ぶちぶち切れる状態で本当に悲しくなりました。
出産&育児は大変だと心してましたが、体力的にも精神的にも来るとは思いませんでした。
周りのママ友たちもやはり抜け毛はひどく、困っている様子でママはみんな通る道なんだと実感しました。

2歳になってだいぶ手はかから無くなりましが、まだまだ抜け毛は止まりません。
いつになったら抜けるのが止まるのか…不安です。
抜け毛が溜まるのを減らすために、少し髪を切りました。少しは抜け毛が減るといいな。それより、早く抜け毛は止まって欲しいです。

30代後半から徐々に出てきたけれど、40を過ぎてからはハッキリと目立つようになってきた白髪。
実年齢より高く見られたりすると悲しいので「白髪染めとかしたほうがいいのかな」と思うこともあるのですが、実は肌が弱く、ケミカルの白髪染めに皮膚が耐えられるか心配で一度も染めたことがありません。
若い時パーマをかけた時もチクチクとした痛みを感じたので、1度かけたきりになりました。

ヘナのような天然素材で染めるという手もあるとは思うのですが、これまた天然素材であるがゆえにアレルギーが心配で難しそうです。
髪を切りに行くたびに美容師さんに白髪染めについて聞くのですが、これなら大丈夫そうという方法を聞いたことがないので、このまま素のままで行くのがいいのかな…と最近は思っています。

今の白髪になりきれていない中途半端な状態(白髪が目立ち始めた時期のゴマ塩状態)が見た目としては一番汚い感じがすると思うので、マメにヘアカットをして小奇麗にすることを心掛けないと、ただの疲れたオバサンになってしまうと思うので、そこだけは気をつけたいと思います。

健康のための3か条

健康のために気を付けていることは、大きく3つのことです。

1つ目は、自分の体調や健康について意識をおくこと。

自分の体調のいい時は、どんな状態かを把握しておくことです。
言い換えれば、悪くなり始めた状態がどのようなものかを把握しておき、休養するとか、場合によっては、医者にかかるとかして悪くなる前に改善することです。
自分の体調を意識しておくことで、健康か否かに気を付ける。

2つ目は、定期健康診断をうけること。

自分では、わからないことでも定期的、最低でも年1回は、健康診断をうけることで、早期に病気を発見できることもある。万が一、発見が遅れても処置の遅れはあっても何らかの対応ができる。
外見だけではわからないものもあります。

3つ目は、できるだけ歩くこと。

毎日、少しでも歩くこと、足腰が丈夫でないと健康にはなれない。
運動をすればもっといいとは思うが、長続きしないのであれば、毎日少しづつでも続けられる「歩く」ことを続ける。
歩くことで、気分もかわり、精神的にも安定する。

鍋料理は素晴らしい

冬になると我が家の食卓はほぼ毎晩のように鍋料理が出ます。鍋料理をすると大きな鍋を置くだけでテーブルはいっぱいになってしまいますが、寒い季節は鍋料理が人気です。

身体が温まりやすいということと、室内の温度も上がりやすく暖房費節約にもなります。温かい鍋料理をみんなで囲んで食べるとそれだけで幸せですし会話も弾みます。美容にもいいですし健康にもいいのです。おまけに精神衛生上にも役に立ってくれます。

美容面で鍋料理が素晴らしいと思うのはポン酢が手軽に摂れるところかもしれません。ポン酢は普段使うところが少なくて出番がないので、冷蔵庫の隅で長く保管されていることが多いのです。そのまま放っておくとそのうち賞味期限がきてしまいますし、味も落ちて美味しさが半減してしまいます。

鍋料理をするとポン酢がすぐに空になってしまいます。美味しくお酢が摂れますし、私はポン酢を鍋の出汁で薄めたものを飲み干すのですがこれがすごく身体に良い感じがします。

パン作りにハマっています

自分が作っていて楽しいし家族も喜んでくれる趣味です。最近ハマりだしたものですが、パン作りが趣味になっています。元々パンが大好きで美味しいパン屋さんや新しく開店したパン屋さんがあると少々遠くても車で買いに行っていました。

でも、自宅で作るパンは少々不格好の時もありますが、焼きたてほかほかが食べられたり、自分の好きな材料をふんだんに入れることも出来るので自分好みのパンを食べることが出来ます。オーブンで焼いている最中の家中の良い香りは本当に食欲をそそります。最近はスコーン作りにもはまっていて、休みの日は贅沢にアフタヌーンティをして楽しむ時間も増えています。

特に最近自分ながら腕を上げたことが実感でき、より楽しくなっています。最初は失敗もありまずいパンを家族に食べてもらったこともありますが、最近は喜んで食べてくれリクエストもしてくれます。まだまだレシピが少なく本格的なおいしいパン屋さんのようなパンとはいきませんが少しずつ上達していけたらいいなと思っています。

画像は想像を超えることも

最近の休日の過ごし方はネットでの画像集めが占めている場合が多い。

テーマに沿って、分類する。
旅の情景・車・客船・グルメ・飛行機・名所・城・武具・祭り・ドイツのビール・SL・戦車・軍艦などなど。最近では古書と古銭、切手も加わった。
他の方々がネットで公開されているこれらを自分の視点で分類して、自分で名前を付け直す作業が思いの外楽しい。実物が無くても空想で補えるのも魅力だ。スペースも必要ない。飽きたら削除するだけ。誰にも迷惑はかからない。

画像に関するサイトの閲覧も最近では画像集めよりも楽くなっている。古銭から発展して、財宝を巡るさまざまなエピソードも知った。結果からいえばそれらは情報攪乱のための手段にすぎないのだが、実際にカリブ海で引き揚げられた財宝には正直心が躍らされた。
大判・小判や世界各国の金貨を目にして、何度か目にしたそれらの実物との差異を心で検証するのも時間を忘れるほどだ。以前拾った寛永通宝を手にして、今日はどのページを開こうかな。